中部地方の葬儀と理由

中部地方の葬儀と風習


トップ » 中部地方の葬儀と風習

中部地方のお葬式のしきたり

周りの県にぐるりと囲まれた岐阜県。岐阜県での葬儀事情はどのようになっているだろうか。岐阜県の一部地域では、葬儀の中でも香典返しに特徴があり、必ずといっていいほど「ビール券」を使用するそうです。しきたりが細分化されやすい山の多い地域ならではでしょう。岐阜県の東濃地方などでは、竹で編んだ籠を竹竿の先につけ、中には故人の年齢の数だけ小銭を入れておき、十字路の真ん中などで籠を振って小銭を落とします。これは、知らない人にでも別け隔てなく施す事により、功徳を積む事ができ、あの世でよい思いができるようにとの願いがこめられているそうです。

葬儀にも地域性がある

何かとしきたりでは有名な愛知県。結婚式や嫁入りのお支度が絢爛豪華なのは有名ですが、葬儀はどうでしょうか。通夜の際に「お淋し見舞い」というのを遺族に渡す風習があります。内容はお酒やお菓子などで、故人が淋しくないように語り明かす際に頂いたものを食べ、残ったら配ります。みんなで遺族を元気づけるという意味もあるそうです。また、出棺の際には額のところにお馴染みの三角の白い布を頭に巻いて立ち会うという風習もあります。あの世へ旅立つまでは一緒に見送りますという意味が込められているとか。尾張の地方では、精進落としの際に「涙汁」が出るそうです。胡椒汁や唐辛子汁が出されることがあり、大変な辛さから涙を出すという意味合いと、葬儀の疲れをとる意味があるとされています。