近畿の葬儀と地域性は

近畿地方の葬儀と風習


トップ » 近畿地方の葬儀と風習

近畿山間部の葬儀事情

近畿地方の中でも山間部は、葬儀事情も異なるでしょう。滋賀県では、お坊さんが故人の額にカミソリをあてる儀式が広く行われています。仏の弟子になるという意味で、剃るふりをします。出棺の仕方にも特徴があります。主に自宅で葬儀を行う際は、出棺は玄関以外の場所から行います。縁側がある家は縁側から、中には窓から出すところもあるようです。戻ってこれないようにという意味があり、嫁に行く際も昔は縁側から家を後にしたそうです。同じ山間部の奈良県では、また変わった風習があるようです。出棺の際に遺族によって故人の茶碗を割る「茶碗割の儀式」が行われます。あなたの使っていたものは壊してしまったので、もう帰ってくる場所ではありません。成仏できるようにとの願いが込められています。

海に面した地域の風習

近畿でも海とともに生活している和歌山県での葬儀事情では、扇子を破って投げる風習があります。和装の喪服には、不祝儀用の扇子を携えることがありますが、お葬式が終わった後に、二度と不幸が起こらないようにとその場限りで捨ててしまうのがしきたりとなっています。また、遺骨を家へ迎え入れる際に、「御詠歌」という歌を年配の女性が歌います。流派によって、仏具の鈴や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓を用いて御詠歌を唱和します。そして還骨勤行が終わった後には、精進落しの膳を囲むのがならわしとなっています。日本海に面する京都では、友引の日に葬儀や告別式を行う際には、「友人形」を棺の中に入れます。死者が友を連れて行くことの内容に身代わりとして入れられます。