関東から北の葬儀

地域での変わった葬儀


トップ

葬儀の風習を県別に調べてみる

人生の中で外せないのが葬儀。地方によりいろいろお葬式事情も風習も大きく違うようです。日本最北の北海道での気になる風習は、一部地域では、お通夜の後に親族でお寺さんを入れて記念撮影するそうです。また、お香典の領収書も依頼があれば受付で普通にお渡しするそうです。また、東北地方では通夜葬式よりも先に火葬するそうです。雪深い地域とだからという説と昔お殿様が夏に亡くなったことがあり、遺体が傷まないように先に火葬したという説があるようです。また、喪中の印として玄関先に1.5メートルほどの木の棒でクロスをつくります。これを「もがり」というようです。棺桶には、「三途の川の渡り賃」としてお金を入れるのはよくありますが、岩手県では紙に「100万円」と書いて入れるそうです。葬儀も様々ですね。

東北の風習のあれこれ

福島県の葬儀の風習の中に、仮門をくぐって出棺するというのがあります。出棺後には、すぐに壊します。仮門には冥土の入り口という意味があり、死者が戻ってきても入り口が無いのでこの世に帰る事ができないのです。霊が迷わずあの世へいけるようにとの意味があるそうです。もう一つの風習では、通夜の時に遺族は通夜に来た方の接待はしないというもの。近隣組合である「隣組」や「念仏講」と呼ばれる10軒ほどの家が一つの集まりとなって、通夜や葬儀を取り仕切るそうです。所変わって、日本海側の石川県では、喪主は「白装束」で火葬場へ行く習わしがあります。古来の日本では、喪服の色は白だったのが残っています。