サービスデスクではシステム管理なんかもやることがある

どんなことをすることになる部署か

サービスデスクというのは要するに外部向けの窓口というような側面もあるのですがそういうことのみならず社内のシステム管理なんかもやっていることもあります。サービスデスクを作るという事によってどんなメリットがあるのかといえばシステム管理が効率的にできるようになるとか顧客満足度の向上なんかも期待できます。業務の効率化などがかなり期待できるのではっきりいってかなりのメリットがある部署となることでしょう。どうしてもそれなりのコストがかかるということにはなってしまうわけですが、業務の効率化などには役に立つ可能性が極めて高いです。

ある意味で必須の部署となります

それなりの企業のであればまずこの手のデスクは必須となります。しかしながら、かなりのスピードでITの技術というのは進んでいっています。ですからそもそも設置するということ自体が結構大変になってくるわけです。そして、最も大変なのが、その人材を確保することです。部署を作ったところで、それをしっかりと運用するシステムとか人材がいなければ意味がないわけであって、その確保に結構苦労するというところが多いです。そういう場合にはどうすれば良いのかということですが、基本的にはアウトソーシングがお勧めできます。仮に自社のシステム管理であろうとも別に自社でやらなければならないというわけでもないです。アウトソーシングできる部分はアウトソーシングしてしまうということがベストになることが多いでしょう。特にいえるのが最近ではクラウドでしょう。システムを完全にクラウドで借りてきてしまうということが出来ればかなりのコストカットに繋がることでしょう。

人材確保が途轍もなく大変になります

システム管理をするということになりますけどさすがにサービスデスクにいる人材というのは相当なノウハウ、或いは最初からスキルを持っている必要性があります。あるいはそのサービスデスクに関する運用技術などを持っていなければならないということになって俺が本当に人材を探すのに苦労することになります。しかしながら、上手くいけば外部的な窓口として役に立つということもありますし、場合によっては企業内での様々な事業の効率化などに役立ててくれるシステムができたりする場合もあります。結構難しいことが多いのは間違いないことではあるのですが、それでもそれなりの規模になった企業であればいい必ず設置した方が良い部署といえることでしょう。

記事を共有する